水回りリフォーム

■快適に使え、清潔であることが理想です

キッチン・浴室・トイレ・洗面所といった水回り空間は、毎日使用する場所だからこそ、機能性のよい快適な空間であることが理想です。家事・炊事・掃除・洗濯する中でお客様が感じる、「ちょっとここが使いにくくて」や「ここがもっとこうなれば」というお悩みを解消いたします。

また水回り設備は、配管や排水溝など、普段は目に見えない箇所が長年使い続ける中で劣化し、「そろそろリフォームした方がよいのでは?」というケースも見受けられます。築15年ほどを目安に、水回り設備の見直しを図っていきましょう。

 

■このような水回りリフォームはいかがですか?

○キッチン

朝食・昼食・夕食、もちろんそれ以外のちょっとしたおつまみを作ったり、食べ終わった食器を洗ったりと、キッチンでは行う動作が多く、少しの不便が不満として積み重なりやすい場所です。

収納スペースは多いに越したことはありませんが、必要以上に持つのも宝の持ち腐れとなってしまい、「ここまでコストをかける必要なかったな…」と後悔してしまっては意味がありません。ライフスタイルに合わせた収納量を考慮しましょう。

収納場所や調理台の高さは、普段の使い勝手を問われる箇所。身長に合った高さにしておくことがベストです。またキッチンのレイアウトは様々にあるため、お客様の好みと調理動線がマッチするかで決めるとよいかもしれません。

○浴室

浴室は身体を洗う場所としてだけでなく、日々の疲れを癒す場所として機能します。一日のバスタイムがより充実するように、滑りにくい床材にしておくことや浴室暖房機の設置がオススメです。

そして浴室は掃除が重労働となる場所のひとつ。浴室をリフォームする際は、掃除の手間がかからない空間にしておくことも大切かもしれませんね。

○トイレ

キッチンや浴室はめったにないかもしれませんが、トイレという空間はご家族以外の方が使うケースも出てくるため、常に清潔感を保っておきたい場所です。

今は様々なトイレのタイプが登場しており、省エネ(節水)タイプや脱臭・消臭作用のある壁、便器のデザイン性に優れているものなど、そのバリエーションは多岐にわたります。機能性や美観性など、お客様のご要望に合わせてご提案いたします。

○洗面所

洗面所は浴室と直通の構造をしているご家庭が多く、家事室と兼用されている方も多いのではないでしょうか。その場合、洗面所には小物が溢れかえる傾向にありますが、そういった小物をきちんと収納できる環境を整えておくことで、見た目がサッパリし、雑多感のない空間にすることができます。

収納力の高い洗面所であれば、洗面所の用途幅も広がります。カスタムタイプで、オリジナルの収納量を備えるものも登場していますので、お客様のニーズに沿った洗面所を実現いたします。

 

水回りリフォームの費用相場はこちら

↓↓

/3613

▼各事業のご案内はこちら

▼お問い合わせはこちら

【電話】080-6308-6659
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【営業時間】8:00~17:00(※土日祝定休)
【対応エリア】倉敷市を中心に中国地方(※一部対応エリア外)
香川・愛媛・徳島・大阪・京都・兵庫

一覧ページに戻る