店舗リフォーム

■動線やデザイン性を意識した店舗リフォーム

店舗の場合、お客様の回遊のしやすさやスタッフの動きやすい動線づくりがもちろん大切なのですが、それらを踏まえた上で、見た目のデザイン性にもしっかりこだわりたいところです。照明で店内の表情をつくるといった些細な箇所も、店舗の雰囲気をつくる大事なポイントとなります。

デザインに優れた店舗にするのか、仕事のしやすい環境を整えた店舗にするのか、オーナー様のご要望を何なりとお聞かせください。ご予算に合わせ、オーナー様の夢を最大限に叶える施工をお届けいたします。

 

■店舗リフォームのここがポイント

【1】コンセプト決定

いきなり店舗のデザインに着手するのではなく、まずは店舗のコンセプトを明確にすることが大切。それはコンセプトが決まれば、具体的なターゲット層を把握し、どんなデザインにしていくかを決めやすくなるからです。当方がご要望を施工に反映するためにも、オーナー様の明確なビジョンを元に、様々なご提案をいたします。

【2】ターゲットを絞り込む

つい大幅なターゲット範囲の設定や、ターゲットが明確でないまま店舗をつくっていこうとしがちですが、それのもっとも危惧される点は、そうしたがゆえにどの層にもニーズのない店舗となってしまうこと。

年代や性別を明確にするだけでも、ある程度の店内の雰囲気というのは決まってきます。ターゲットを明確にすることで、リピーター獲得に貢献することができるため、しっかりとニーズにアピールしていくことが大切です。

【3】動線設計

これまでのお客様の回遊される様子、働くスタッフの動きをおさらいし、問題点があればそれをリフォームで解消しておくことが重要です。お客様を惹きつける店舗が完成したとしても、動線がうまく整っていなければ、回遊しにくい・働きにくい店舗となってしまいます。

また当方は造作家具・建具の製作も可能で、家具や建具の設置で動線を考える、誘導することもご提案しています。既製品では難しい店内の雰囲気を構成するオリジナル家具の設置で、店内の雰囲気を一段と盛り上げてみませんか?

【4】店内のムードは照明で

照明は店内の雰囲気を盛り上げてくれるにふさわしい設備です。間接照明が多く、ほの暗い落ち着きのある空間。スポットで照らされた渾身の商品群。照明の明るさや色味を考慮し、適切な位置に設置することが大切です。

 

 

店舗リフォームの予算や補助金について

↓↓

/3579

 

▼各事業のご案内はこちら

▼お問い合わせはこちら

【電話】080-6308-6659
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【営業時間】8:00~17:00(※土日祝定休)
【対応エリア】倉敷市を中心に中国地方(※一部対応エリア外)
香川・愛媛・徳島・大阪・京都・兵庫

一覧ページに戻る