リフォームの流れって?どんな準備いる?

そもそもリフォームってどんなことを準備すればいいの?

ほとんどの人が初めて体験するリフォーム。

多額の予算・それなりの期間をかけて行うものなので、不安がつきものですね。

失敗のないリフォームのためには、全体の流れを理解し、各ステップの注意点を知っておくことが重要です。ということで、それぞれのポイントを踏まえつつ、流れを解説していきます!

 

 

住まいの不満や要望を整理する!

まずは家族で、現状の住まいの中で不満・不便に感じていることを洗い出しましょう。
「キッチンが使いづらい」、「部屋が暗い」といった間取りや内装に関することはもちろん、

「断熱性が低い」など、建物構造の問題も考えましょう。
ここで重要なのは、家族全員の意見をもれなく出すことです。

後から不満が出ないよう、皆で話し合いましょう!

また、要望を出し合う際に、将来のライフサイクルの変化を見越した計画を考えることも大切です。
5年先・10年先のことを考えたら、

バリアフリーにする必要性や、二世帯住宅にする可能性があるかもしれません。
一通り要望を出し終わったら、リフォームの優先順位を決めます。

この時に、リフォームに使えるおおまかな予算と、いつまでに完了したいかの期限も確認しておきましょう。

 

しっかりと相談や情報収集をしよう!

リフォームの大まかな計画が決まったら、

より具体的にするために情報収集をします。

信頼をおける会社があるならその会社の方に相談!

弊社、ウォルナッシュだと嬉しい…

自分で情報収集の際には、インテリア雑誌やリフォーム書籍、

SNSやHPに公開されているリフォーム施工事例などを見て

イメージを膨らませ、実際に設備を検討する際には、

住宅メーカーやリフォーム会社のショールームに行って、

見て触って、使い勝手を確かめてみることをおすすめします!

 

イメージを具体的にしたら、どこの会社に依頼を行うのか!

リフォーム会社を探す際に重要なのは、複数社を比較することです。
提案できるリフォームの内容や得意な工事は依頼する会社によってそれぞれ異なるため、

複数の会社を比較することで、リフォームの相場がわかり

希望のリフォームに最適な会社を選ぶことができます!

弊社、ウォルナッシュだと嬉しい…
数社に見積もりを出してもらい、内容を比較するといいでしょう。

その際に重要なことは、各社に同じリフォーム希望を伝えることです。
当たり前ですが、見積書の内容が違っていると比較することができないため、

各社ともリフォーム箇所や希望内容は変えないようにしましょう!

 

また、見積もりを出す際には現地調査が基本になるため、

実際に現場を見てもらい、様々な質問や要望を相談してみるといいでしょう。
この時に要望やリフォーム事例などの写真をまとめておくと、希望がより具体的に伝わりやすくなります。
お家の図面やマンションの管理規約などの用意もあるとよりスムーズな商談になるので、可能な場合は揃えておきましょう。

現地調査の後、各社からリフォームプランや見積書が提示されたら、比較検討して1社に決めます。
この時、提出された見積書の費用だけで決めないことが大切です。

使われている設備機器や工事の範囲は適切か、担当者の対応は誠実か、しっかり見極めましょう。
また、見積書に記載されたリフォーム内容の範囲を、担当者と一緒に指さし確認をしておくことをおすすめします。

 

いざ、契約に!

いよいよ契約ですが、ハンコを押してしまう前に以下のことを確認しておきましょう。

・契約内容は要望通りか
・費用の支払い方法や時期はどのようになっているか
・もしもの時の保証はどうなっているか
・工事終了後のメンテナンスはしてくれるのか

後々トラブルになることのないように、しっかり聞いておきましょう。

 

一時的に転居が必要かも?

リノベーションや大規模なリフォームの場合は、

工事開始前に転居や荷物の運び出しが必要な場合もあります。
転居が必要な場合は、仮住まいの費用や引っ越し費用、

トランクルームを借りる費用などもかかるので、気を付けましょう。

ご近所への挨拶

いざ工事がはじまると、騒音やほこりなどでご近所に迷惑をかけることがあるので、工事開始前には、リフォームをする旨とスケジュールを伝えて、ご近所への挨拶を済ませておきましょう。

いよいよリフォーム工事の開始です。

 

キズなどのチェック

リフォーム工事が完了したら、キズや、契約内容と異なる部分がないか、仕上がり状態をくまなくチェックしてください。
工事完了時には、リフォーム会社の担当者と工事の仕上がりをチェックする竣工検査をすることが一般的ですが、この時に、担当者任せにしてしまい、しっかりとチェックせず、後々不具合が見つかった場合には、スムーズに修理をしてもらえないこともあるので、自分の目できちんと確認しましょう。

 

 

保証内容や連絡先を再度確認

後々問題が起きた場合の保証内容や連絡先も再度確認しておくといいでしょう。
工事内容に納得したら、工事完了確認書にサインをし、リフォームの完了です。

 

ステップに分けての、リフォームの流れの解説でした。ご理解いただけましたでしょうか?

まずは、家のどこをどうリフォームしたいのか、ぜひご家族でお話ししてみてください!

また、弊社ではどんな些細な相談でもお気軽にお問い合わせいただければと思います!

良いリフォームが出来ますように!

 

▼お問い合わせはこちら

【電話】080-6308-6659
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【営業時間】8:00~17:00(※土日祝定休)
【対応エリア】倉敷市を中心に中国地方(※一部対応エリア外)
香川・愛媛・徳島・大阪・京都・兵庫


一覧ページに戻る