リフォーム費用相場はどれくらい?

リフォーム費用がどれくらいかかるのか、想像できていますか?

初めてのリフォームでは相場がわからないものですが、どんなリフォーム内容にしようと話を進める前に、どれくらいの予算を考えておけば良いのかなど金額の相場を把握して知っておきたいですよね。

 

工事でかかる金額は?

リフォーム料金に含まれるのは大きく分けて、材料費・施工費(人件費)・諸経費の3つです。
材料費は、キッチンやトイレといった設備や、壁材・フローリングなどの資材です。
施工費とは、工事をするための費用、つまり職人さんの人件費です。
諸経費とは、スケジュールなどの現場管理費や、経費などが含まれています。

 

工事以外にかかる金額は?

工事以外にも、リフォーム期間中の住まいや引越し費用など、特に大規模リフォームでは予算をとっておきましょう。

・設計費

設計費は、小規模なリフォームではまずかかることがないですが、間取り変更を伴うリノベーションのような工事では、注意が必要です。
設計費がかかる業者とかからない業者がいますが、工事費に含まれていない場合もあるので、別途設計費がかかるかどうか、確認しましょう。

・仮住まい・トランクルーム費用

家具を置いてある部屋のリフォームの場合には、荷物を一時的に移動させる必要があるため、家の中でスペース確保できない場合、トランクルームなどを借りる必要があります。
また、工事期間中に家に住めない場合には、ホテルや、短期間の賃貸を借りなければならないため、その分の滞在費や家賃についても考えておきましょう。

・駐車場代

リフォーム期間中には、家の近くまで職人さんが車できます。自宅やマンションの駐車場が利用できない場合には、必要な台数の駐車場代がかかることが多いです。
長期になると非常に高額になってくるので気をつけましょう。

・確認申請手数料

増改築を伴う大規模改修の場合には、建築確認申請が必要ですが、手続き費用がかかります。

・印紙税

工事請負契約を結ぶ際に、契約書に貼り付ける印紙の価格です。

『リフォーム費用相場』

次に、部位別のリフォーム料金目安をご紹介します。気になる部位を見てみましょう!

・トイレ

トイレリフォームの料金は、20〜50万円が中心的な価格帯です。洋式便器から洋式便器への交換の場合は、おおよそ50万円以内で可能です。和式から洋式への交換や、トイレ室内を広くするような工事では、50万円以上かかることもあります

・キッチン

キッチンリフォーム料金は、50〜150万円がメインの価格帯です。システムキッチンの交換は、採用する設備のグレードや、キッチン全体のレイアウトで価格が変動しますが、おおよそ100万円以内で可能です。壁付け型のキッチンをアイランド型キッチンへ変更する場合など、給排水の工事も必要になる際には、100万円を超えることが多いです。

・お風呂浴室

浴室リフォームの費用は、50〜150万円でおおよそ収まります。最も多い、ユニットバスからユニットバスへの工事は50〜80万円ほど、在来工法からユニットバスへのリフォームでは、解体費用が高くなるので70〜100万円程度が相場です。

・洗面所

洗面所リフォームの価格は、20〜50万円が中心価格帯です。スタンダードなグレードのユニット洗面台の交換がメインです。最低限の機能を備えたシンプルな商品を選ぶと、20万円以下での設置も可能です。

・外壁塗装、リフォーム

外壁塗装は、使用する塗料のグレードによって費用が変動します。塗料は安いもので1坪当たり1万2千円〜、耐久性の高いものでは2万円を超えます。一見、高額に思えますが、耐久性に優れた塗料を選んでおいたほうが、長期的な視点で考えるとコストパフォーマンスが良いことがあるので、塗料選びは慎重に進めましょう。

・屋根塗装、リフォーム

屋根塗装は屋根の面積と使用する塗料によりますが、ほとんどの場合100万円以内で可能です。ただし、屋根の重ね葺きや葺き替えの場合には既存屋根の撤去費用なども追加されるため、予算は100〜150万円とみておきましょう。

・外構、エクステリア

外構・エクステリアは、門扉やアプローチ、フェンスなどの家のまわり部分をさします。門扉の修繕など小規模なものは10〜20万円程度、家のまわり全体にフェンスを巡らすような場合には、50万円を超えることもあります。

・リビング

リビングリフォームは、内装リフォームか、間取り変更などを含む大規模な工事かで費用が大きく変わります。内装リフォーム(クロス)のみであれば、平米あたり1〜3千円なので、15畳の部屋であれば、30万円程度で済むでしょう。間取り変更を含むと、かなり大規模になるので、100〜300万円ほどは必要になります。

リフォーム費用を抑える方法

 

おおよそのリフォーム相場がつかめてきたかと思いますが、実際にリフォーム費用が高額にならないようにおさえるためには、どのような工夫ができるのかを、ご紹介します。

まずは、設備の交換などの場合、商品に特にこだわりがなければ、設備や材料のグレードを落とすのが一つの方法です。
「リフォーム会社から勧められるままに選んでしまった」という方も多いですが、最安値の商品とは限らないので、自分の生活にはどれくらいの機能が必要なのかを考えましょう。

他にも、水まわり全体や、屋根と外壁など、まとめてリフォームすると安く済む場所があります。
屋根と外壁に関しては、工事の際に足場が必須になりますが別々に工事をすると、足場の設置費用も倍かかることになります。
何年か以内に工事をする予定があれば、2回に分けるのではなく、同じタイミングでリフォームすることも検討してみましょう。

また、リフォーム内容によっては、自治体や国の補助金制度を活用できることもあるので、予定しているリフォームが補助金の対象になっているか、着工前に確認や相談してください。

出来れば弊社でリフォームしてほしいですが…

どんなことでもご相談ください。

▼お問い合わせはこちら

【電話】080-6308-6659
【メール】こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【営業時間】8:00~17:00(※土日祝定休)
【対応エリア】倉敷市を中心に中国地方(※一部対応エリア外)
香川・愛媛・徳島・大阪・京都・兵庫


一覧ページに戻る